教育方針

千里金蘭大学では、建学の精神に則り、豊かな教養と深い専門知識を有し、高い志のもと、社会に貢献し信頼される人材を養成することを教育の目的としています。
この教育目的を実現するため、自ら考え自ら学ぶ姿勢を身につけることで、他者への共感・他者との協調・他者への奉仕を実践し、持続可能な社会の構築に貢献できる、すなわち自らを育て自立することのできる女性の育成を教育目標として掲げています。

また、生活科学部食物栄養学科及び児童教育学科、看護学部看護学科における人材養成の目的及び教育目標を以下のとおり定めています。


生活科学部

生活科学部 食物栄養学科

食物栄養学科の人材養成の目的

豊かな教養と人間性を備えるとともに、食、栄養及び健康に関する専門知識を有し、食の分野から、地域社会の人々の健康づくりに貢献できる専門的職業人の育成を目的とする。

食物栄養学科の教育目標

【知識・技能】

(1)食の分野から人々の健康づくりに貢献できる豊かな教養と高い専門知識・技能を養い、総合的に活用する力を養う。

【思考力】

(2)科学的根拠に基づいて判断できる思考力と自己学習能力を身につけ、生涯にわたって食に携わる者として学び続ける能力を養う。

【実践力】

(3)管理栄養士として幅広い領域の実践力、マネジメント能力を有し、他者と協働して社会で貢献できる力を養う。

生活科学部 児童教育学科

児童教育学科の人材養成の目的

豊かな人間性と高い専門性を備え、子どもの成長・発達を支援し、社会に貢献する意欲のある保育者・教育者の育成を目的とする。

児童教育学科の教育目標

【知識・技能】

(1)子どもの豊かな発達と学びを支援できる幅広い教養と高い専門知識・技能を養い、総合的に活用する力を養う。

【思考力】

(2)子どもを取り巻く環境の変化に柔軟に対応できる思考力と保育者・教育者として自主的に学び続ける力を養う。

【実践力】

(3)保育・教育の現場で発揮できる実践的指導力と、他者と協働し積極的に社会参画し貢献できる力を養う。

看護学部

看護学科

看護学科の人材養成の目的

豊かな人間性と倫理観及び専門的知識と技能を基盤とした看護実践ができる看護職者の育成を目的とする。すなわち、看護に必要な科学的知識や技能を授け、人格を涵養し、看護の実践や応用を通して疾病の予防、治療、健康の保持・増進に貢献できる人材を育成する。

看護学科の教育目標

【知識・技能】

(1)幅広い教養に加え、看護実践に必要な基礎的理論と技能を身につけ、生命の尊厳と人権の尊重に基づいた倫理観を養う。

【思考力】

(2)知識や技能を多様な対象者に適切に実践・応用できる創造的思考力や判断力を身につけ、看護職者として自律して学び続ける姿勢を養う。

【実践力】

(3)看護を取り巻く情勢や健康課題に関心を有し、多職種と連携・協働して看護を実践できる能力とともに、自己啓発できる能力を養う。

関連リンク