2018.05.29

千里金蘭大学後援会 平成30年度総会報告

千里金蘭大学後援会
会員(保護者) 各位

 

千里金蘭大学後援会の平成30年度総会が、5月26日(土)に本学で開催されました。
当日は、出席会員11名及び委任状による出席会員479名により、総会が有効に成立した
旨の報告が行われた後、総会開催前に行われた役員会において、以下のとおり、新たな
会長、副会長及び監事の選任が行われたことの報告がありました。

会長:溝端 由之
副会長:半野 依子
監事:小田 希美絵
(敬称略)

 

その後、決議事項として、平成30年度新入生保護者役員の選任、平成29年度事業報告及び
決算報告について承認され、続いて、平成30年度事業計画及び予算が承認されました。
今年度の新規事業としては、新入生対象研修旅行等などの課外活動補助のほか、特別事業として

大学校舎3号館1、2階のスペース更新、開学20周年(2023年)に向けた積立て等が承認されました。

スペース更新については、更新イメージ図をご確認いただくとともに、在学生のみならず、地域の方々や

受験生が集まりやすい・親しみやすい、「大学の顔になる空間」として、その最適なあり方を今後本学で

検討のうえ、更新を図っていくこととさせていただきました。

(1階の一部更新イメージ図(右上 ※仮案)をご参考に添付させていただきます)

 

なお、閉会後は、昼食を兼ねて本学教員との懇談会が行われ、有意義な機会をお過ごしいただくことが
できました。
保護者のみなさまには、引き続きご支援・ご協力をいただきますよう、よろしくお願い申しあげます。

 

※後援会ホームページにおける事業内容及び組織概要につきましては、近日中に今年度内容へと更新

いたしますので、今しばらくお待ちいただきますよう、お願い申しあげます