2017.11.01

看護学部で模擬患者(SP)と看護教育ボランティアを募集いたします

千里金蘭大学看護学部では2016年度から、学内の演習をよりリアルな臨床現場に近づけるため、
模擬患者と教育ボランティアの導入を本格的に開始いたしました。

模擬患者(SP)とは、患者の持つあらゆる特徴を模倣するように訓練された人のことです。

現在、医学や看護学だけではなく、歯学、薬学、リハビリ、栄養などの医療者教育の中で活躍している
模擬患者養成講座を千里金蘭大学で開催いたします。
模擬患者養成講座を受講後には模擬患者として活動していただいております。

 

教育ボランティアは看護学生が学内で看護技術を学ぶことをお手伝いいただいており
登録していただいた方には下記の内容についてご協力いただいております。
○ 血圧測定などの技術を学ぶ時の患者様役になっていただく
○ 病気をした時の体験を語っていただく
○ 子育ての経験について語っていただく
○ 親子で遊びを通して学生とコミュニケーションをとっていただく
○ 介護の経験について語っていただく
など

教育ボランティアは登録いただいた方々に対して、必要時、授業への参加をお知らせします。
お知らせ時に、登録者が可能と判断された場合に、ボランティアとして授業にご参加いただくシステムです。

模擬患者(SP)及び教育ボランティアにご興味のある方は
下記フォームからお申し込み・お問い合わせください。

後日、担当者からご連絡いたします。

模擬患者(SP)申込フォーム

看護教育ボランティア申し込みフォーム