1年次より子どもと触れ合う学習を積み重ねて社会で活躍できる「保育」「教育」のプロになる。

「子どもが好き」という気持ちを大切に、子どもに関する幅広い知識や技能を習得し、子ども支援のスペシャリストをめざします。


目指せる資格・免許

保育士/幼稚園教諭(一種免許状)/小学校教諭(一種免許状)


学びの特長

point 01

4年間の学び

学内外の施設を活用して「1年次から子どもや保護者と関われる」ことが大きな特長。
2年次でのインターンシップやゼミを通して適性を見つめ、3年次から確定した進路に沿って深く学んでいきます。

1年次

  • 教養教育科目で人間力を養う。
  • 体験しながら子ども支援の基礎を学ぶ。

児童学基礎演習、子ども地域活動

乳幼児の親子とふれあう「金蘭おやこクラブ」の体験学習を含む「児童学基礎演習」。小学校の子どもあそびサポーター活動体験ができる「子ども地域活動」。保育と小学校教育2つの魅力をどちらも体感でき、楽しく学べる1年生のスタート。

2年次

  • 学内での学びを基礎に現場での体験を積む。
  • 幅広い視点から自分の関心を見つける。

児童学応用演習Ⅰ・Ⅱ

少人数ゼミ形式で、子どもの育ちを支援する多様な5つの視点から学習します。学内外の子どもイベント活動などフィールド学習もあり実践と理論を結びつけ学びを深め、3・4年次に取り組む各自の研究課題につなげていきます。



1年次

  • 自分の適性や研究テーマに沿って、さらに深く学ぶゼミ。
  • 資格・免許取得のための法定実習を体験する。

児童学発展演習Ⅰ・Ⅱ

4つの専門ゼミから自分の興味と進路に沿った分野を選択。保育者や教育者としての専門意識を高める、心理学から発達障害やいじめについて考える、海外の児童労働など視野と知見を広げて、4年次での卒業研究につなげます。

2年次

2年次

  • 夢の実現に向けて就職活動・採用試験対策が本格化。
  • 4年間の集大成をかたちにする卒業研究。

卒業研究

ほぼ一対一の指導でこれまでの学びを丁寧にふり返りながら自分の追求したいテーマを集大成としてまとめます。最後の発表会では大きな達成感が得られます。

point 02

子どもとの触れ合いを通して、実践力を身につけます。

少人数クラス編成による充実した専門基礎力学習と体験学習により、子どもの専門職をめざす基礎力を身につけた上で、将来の進路に応じたコースを選択し、さらに専門的な子どもを支援する実践力を養います。


1年次からゼミに所属し、対話・協働・体験をとおして子どもを学ぶ。

1年次から4年次まで、「児童学ゼミ(演習)」を設置。少人数のアットホームな環境の中で学生や教員との「対話」や「協働」を重ね、互いに学びあう関係を大切にして、学びを深めていきます。

学習スタイル

体験学習に参加して、子どもたちと触れ合う。

その体験を次の授業で振り返り、学びを深める。

さらに次の体験学習に取り組む。




point 03

豊かなコミュニケーション力を養い、実社会で活躍できる人を育てます。

子ども支援を行うためには、子どもはもちろん、その保護者との密なコミュニケーションも欠かせません。そのためには、「待つ」ということや、相手の気持ちを理解し話を聞きとること、こちらの意志をしっかりと伝えることなどのコミュニケーション力が必要です。
千里金蘭大学では、少人数制を採用していることから教員と学生の距離が近く、学生ひとり一人の適性や能力を引き出し、伸ばすためのサポート体制がしっかりしています。 また、「豊かな人間性を備えた女性を育成する」という建学精神のもと、社会人に欠かせない知識やスキル、日本の伝統文化など品格を養うための幅広い科目を用意しており、感性やコミュニケーション力を磨くことができます。




point 04

教員採用試験合格をめざして教職支援センターがサポート

教職支援センターでは、幼稚園・小学校・教育委員会などでの豊富な教職経験を持つ教員が学生の支援にあたっています。進路相談に応じることはもちろん、面接や模擬授業の対策もマンツーマンで行い、教員採用試験の対策講座や合宿なども実施。同じ夢を持つ仲間と切磋琢磨しながら手厚いサポートが受けられます。また、既卒者の支援や、保育職をめざす学生の公務員試験対策なども行っています。

クローズアップ授業

【児童学基礎演習Ⅰ・Ⅱ】

成長過程を見続けることで、「子ども」一人ひとりが個性をもっていることに気づきます。

この授業は、体験学習とふりかえり、学生同士のグループワークで構成されています。
体験学習として、「金蘭おやこクラブ」に参加して親子とふれあい、子育てサポートを体験。次にその体験を振り返り、自分自身の課題を見つめます。その課題は、将来の専門職を考える第一歩となります。
10人前後の少人数で、実践と理論をバランス良く学び、学生同士が協力してお互いを高め、その後の学外実習に向けて実践力を付けることができます。
そして、他大学に類のない一番の特長は、入学後すぐの早い段階からじっくり1年間体験学習を行い、自身の適性を見つめることができること。長期にわたり多様な子どもの発達過程を観察することで、同じ年齢の「子ども」でも、一人として同じ子どもはいないことも実感できるでしょう。


ある日の授業風景

子どもや保護者とふれあい、体験しながら理解を深めます。

「金蘭おやこクラブ」での体験学習では、未就園の3歳頃までの子どもたちと接し、保育の基礎をじっくり学びます。また、子どもだけでなく保護者ともふれあうことで、保護者への支援や共働の重要性に気づきます。

あたたかな雰囲気のプレイルームが活動の場。手遊びや絵本読み聞かせを初めて体験する学生も。

子どもたちの興味・関心・月齢・年齢にあわせて絵本を選び、『読み聞かせ』をします。子どもたちは目を輝かせて聴いています。

室内だけでなく、戸外でも活動します。子どもたちはパラバルーンやボール遊び、しゃぼん玉などを楽しみます。


【教育心理学】

何気ない態度やしぐさに、心のメッセージが隠れていいる。

テーマ

最近態度が悪くなった小学4年生、その理由は?

「ケンカが絶えない最近ギクシャクしている夫婦、小学4年生の子どもはそのことに気づき、お父さんのことが大キライ。学校での態度が悪くなり、ついに学校をサボってしまいました。そこで担当の先生は、家族3人を職員室に呼び出すことに・・・」
たとえば、こんな設定でカウンセリング実習は始まります。母親役、子ども役、先生役をそれぞれ学生に演じてもらい、家族設定を告げるときは、いったん先生役の学生を退出させます。つまり、先生役はこの家族が抱える問題を、態度やしぐさから読み取ることが必要です。学生たちには、子どもの心のメッセージを受け止めることができる先生になって欲しいと願っています。


ある日の授業風景

学生たちの演技を撮影。後でビデオに映しながら、「この発言には、こんなメッセージが隠れている。」「こうすれば良かった。」と振り返ります。

たとえば、子ども役が母親側に座ったことから、「お父さんのことがキライかも」、夫婦の間の微妙な空気から「夫婦仲が悪いかも」とわかります。

これは、顔の緊張をとく運動。自分が緊張していると、子どもは緊張して心を開きません。教育実習の前に、ぜひやってみてください。

施設紹介

実習系の授業のための演習室、地域の親子とふれあえる子育て支援スペース、ピアノが揃った演習室、実験のできる理科室など、実践を通じて保育・教育の高い専門性が身につく施設・設備が整っています。

学内プレイルーム
たくさんの遊具や絵本が揃い、「金蘭おやこクラブ」が開催される地域に開かれた子育て支援スペースです。

舞台表現演習室
グループでお遊戯の創作に取り組むなど、子どもの感性を伸ばす表現力を磨く演習の場として活用します。

ピアノ演習室
電子ピアノを80台設置。クラス全員で課題曲や弾き歌いなどの演習を行います。