管理栄養士の資格を活かせる仕事をご紹介

管理栄養士の仕事

管理栄養士の活躍の場は幅広く、様々な分野・業態でその資格を活かした仕事をしています。
主な活躍の場として、医療機関、高齢者・介護福祉施設、児童福祉施設、学校、勤労者福利厚生施設(いわゆる社食)、防衛施設(防衛省所管の施設)、矯正施設(拘置所、刑務所、少年院など)、行政、研究機関(食品メーカーや試験研究機関)、教育機関(管理栄養士養成施設など)、地域活動(いわゆる在宅栄養士。公衆栄養活動や栄養ケアステーションの一員としての活動など)などが挙げられます。
社会の様々な場所において管理栄養士は人々の健康増進や豊かな食生活の実現を担います。

管理栄養士は人々の日常生活に深く関わる仕事

管理栄養士・栄養士とは、「栄養の指導」を通して、人々の栄養・食事・健康に貢献する専門職です。
管理栄養士はその専門知識を活かして科学的エビデンスに基づき、上記のような社会の様々な場所で栄養・食生活の課題について評価(栄養アセスメント)、判定(栄養診断)したうえで、適切な改善方法(栄養計画)を立案し、実施できるように支援します。
また、実行の過程を見守り、観察(モニタリング)しながら適宜修正し、課題の解決に当たります。
このようなことから、管理栄養士・栄養士の仕事は、人々の日々の食生活に深く関わる仕事なのです。
次の章からは管理栄養士の代表的な職場での仕事内容についてご説明します。

医療機関での管理栄養士の仕事

人口の高齢化や疾病構造の変化で、国民医療費が増大している昨今、医療費の抑制が国を挙げての大きな課題です。
この状況を改善するために、医療機関に勤務する管理栄養士は、病気と栄養の関連についての知識はもちろんのこと、社会環境の変化や多様化・高度化している患者のニーズに対応した食事提供の充実が求められています。
このような背景の中、医療機関では栄養状態に問題を抱える患者の健康状態を高度に管理していく栄養サポートチーム(NST:Nutriton Support Team)が普及しています。
管理栄養士・医師・看護師・薬剤師・理学療法士で構成されたこの栄養サポートチームにおいて管理栄養士は中心的な役割を果たします。
社会的背景や生活習慣の変化が激しい現代において、管理栄養士が医療機関で果たす役割はますます重要になっています。

学校での管理栄養士の仕事

学校にて働く管理栄養士(栄養士)は、2005年以降、栄養教諭という教員免許をもつ者だけにほぼ限定されるようになりました(ある地域を除く)。
栄養教諭とは、管理栄養士の資格以外に、教諭になるための科目を大学で取得し、学校給食管理だけでなく、食に関する指導を児童生徒に実践する教員免許をもつ者を指します。
いわゆる小中学校における「給食/栄養の先生」です。
栄養教諭は、菅理栄養士的な役割である学校給食にかかわる適切な献立作成、調理・衛生・配食の管理はもとより、学校給食を「生きた教材」として、児童・生徒の健全な成長を支援するための、支援者ともなります。
成長過程である子どもたちを対象に、望ましい食習慣の育成をめざす栄養教諭は、非常に重要な仕事です。

スポーツ関連業界で活躍する管理栄養士

管理栄養士の活躍の場として、前述以外にも、プロスポーツやアマチュアスポーツの選手に対する栄養・食生活支援を専門とする仕事もあります。
企業や大学に所属したり、フリーで活動したりとその活動形態は様々で、レシピ本や競技力向上のノウハウ本の発行なども行われています。中にはトップアスリートと契約し、栄養指導や食事提供を通して競技生活を支える管理栄養士もいらっしゃいます。
また、スポーツジムに所属し、栄養指導やダイエットメニューの考案などを通して、一般の方の健康増進に寄与する管理栄養士もいらっしゃいます。

おわりに

管理栄養士の資格を活かせる仕事についてご紹介いたしました。
社会の様々な分野・業態で人々の健康や豊かな食生活を支える管理栄養士をあなたも目指してみてはいかがでしょうか?

千里金蘭大学情報

管理栄養士になりたいを叶えるなら

高度な専門知識と人間力を身につけ、食の分野から健康を守る管理栄養士をめざす
食物栄養学科

言葉では伝わらない千里金蘭大学を体感

オープンキャンパスやキャンパス見学会で管理栄養士をめざす将来をイメージ!
オープンキャンパス

入試情報はこちら

大学入試の試験科目をチェックして、管理栄養士をめざすための受験準備を進める!
大学入試の受験勉強をする受験生

シェアする

トップに戻る